お得情報

【監察医朝顔2】ドラマ2話のあらすじ・ネタバレをご紹介!男子中学生の遺体が発見され事件性はなさそうに思えたが…

【監察医朝顔2】2話のあらすじ

野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。

休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。朝顔が1階へ降りると、すでに平(時任三郎)が支度を終えていた。ただちに現場に向かう平。被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。午前7時ころ、散歩中だった近隣住民が発見し通報したという。遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があった。また、諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網の上部に挟まっていた。

一方、桑原(風間俊介)は、朝顔に代わって娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ることになった。しかし、朝顔と遊ぶ約束をしていたつぐみはご機嫌斜めで……。

朝顔は、藤堂(板尾創路)らとともに諒の解剖を行う。諒は、みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなかった。解剖後のミーティングで、藤堂は、諒がみぞおち付近に強い衝撃を受けて心臓震盪を起こし、心停止に至った可能性を検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)らに伝えた。捜査の方向性を決めるために、殴られたかどうかだけでも断定してほしい、と強く主張する丸屋と、この段階では難しいとする朝顔たちとの議論がヒートアップする中、思わぬ知らせが入る。連絡を受けて駆けつけようとしていた諒の父親が、階段から落ちて意識不明状態になってしまったというのだ。諒には母親がいなかったため、身元の確認には祖母の咲江(柳谷ユカ)と、諒の双子の兄・一馬が立ち会うが……。

引用|フジテレビ朝顔2公式サイトより

【監察医朝顔2】2話のネタバレ

11月9日のドラマ放送後に更新いたします!

ここから先はネタバレを含みますので、ご注意ください。

【監察医朝顔2】前回までのあらすじ

主人公の万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。
野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)と、夫で、平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也(風間俊介)。
そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と4人で、笑顔が絶えない幸せな日々を送っていました。

ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいにつぐみが「おねえさんになりたい」と言い出します。

桑原が「おねえさんになったら弟がくるんじゃなくて、弟ができて初めておねえさんになるんだよ」と伝えるものの、つぐみは「弟こないのー?」と残念がる。

弟が気まずい空気の中、仕事に出かける平と桑原……。

朝顔もつぐみを保育園に送り届けると、いつものように興雲大学へと向かった。

するとその途中で立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇する。

事故現場はけがで倒れこむ人、パニックでうろつく人であふれかえっていた。

そのころ法医学教室では安岡光子(志田未来)、髙橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)たちがテレビのニュースで群衆雪崩の現場映像を見ていた。

20名が病院に搬送され、うち死者4名、意識不明の重体1名の大参事だった。

すぐに死亡者4名の解剖の依頼が入った。

同じころ、平たちは事故現場で事故の原因を調べ始める。

現場では化学薬品と疑われる異臭がしたという証言が飛び出す。
また、事故が起きる直前に金髪の男性が騒いでいたという目撃情報もあった。

あくる日、群衆雪崩で妻を失ったという金髪の男・佐藤祐樹が、事故現場でマスコミの取材に応じた。
その取材で佐藤は、事故ではなく殺人だと訴えていた…

より詳細なあらすじネタバレを知りたい方は、こちら

【監察医朝顔2】2話の予想・展開(放送前)

今回の事件の被害者である矢野諒は、野球のユニフォーム姿のまま遺体で発見されました。

死亡推定時刻は午前5時~午前6時とかなり早く、冬の時期ならまだ暗い時間帯です。

解剖の結果、みぞおち付近に大きな内出血があった以外は特に外傷はなく、みぞおち付近への強い衝撃が死因となったようです。

遺体の隣にはグローブ、そして近くの金網には野球のボールが挟まっていました。

もころぐ
もころぐ
みぞおちに豪速球の野球ボールが当たって致命傷になった?

近くにグローブが落ちていたことから、被害者は早朝に誰かとキャッチボールの練習をしていたと思われます。

被疑者として候補に挙がったのが、諒の父親、諒の野球チームの監督・三輪、そして諒の双子の兄一馬。

公式で発表されている情報が少なすぎるので、かなり妄想の入った良そうになりますが、もころぐは【双子の兄、一馬】が怪しいと思っています。

なぜかというと、公式サイトの予告タイトルでわざわざ【2人が隠した悲しすぎる秘密とは…】と書かれているんですね。

なので、兄が犯人ではあるものの、不慮の事故で弟を死なせてしまったのではないかと予想します。

双子なので、兄一馬と諒は瓜二つ。でも兄はスポーツ万能で野球チームのエース、一方弟の諒は身体が弱く、そこまでスポーツが得意ではなかった。

でも兄弟はどちらも野球が好きで、試合にでるために切磋琢磨しあっていた。

次回の大会では、兄弟そろって出たかったが兄だけが出場することになり、弟の諒はとても落ち込みます。

そんな諒を励まそうと、兄の一馬は自分と入れ替わって大会に出場するよう弟に提案します。

兄からの提案を嬉しく思う反面、そんなことはコーチが許すわけがないからと諦める諒。

そこで兄が、コーチに認めてもらえるよう大会まで毎日朝練をしよう!と提案。

毎朝兄弟でこっそり家を抜け出し、練習する日々。

しかし事件の日、早朝練習の疲れから兄、一馬はボールを投げるときに手が滑り諒のみぞおちに当たってしまう。

諒はもともと身体が強くなかったことに加え、最近の早朝練習での疲れがたまりみぞおちへの衝撃がきっかけで内部出血してしまい、倒れこんでしまいます。

自分の気のゆるみが弟を死なせてしまった…!とパニックになった一馬は、ボールを金網にはさみ、逃げるようにその場から離れたのではないでしょうか。

もころぐ
もころぐ
今回の事件の真相を予想してみました。

そして忘れてはいけないのが、第1話のラストの伏線。

白紙の転出届を見つめる平。
仕事に向かう桑原。
平らのTシャツを着て、平と鬼ごっこをするつぐみ。

このシーンが映し出された後に、

今日普通に生活していることがどれだけ幸せな事か。

この時の私はまだ気が付いていなかった。

家族に残された時間はそう長くないことを。

と朝顔のナレーションが入り、1話が終了しました。

「家族に残された時間はそう長くない」

めちゃくちゃ不穏な響きですよね。

11月2日の放送直後から、不穏なナレーションを心配する声が溢れていました。

もころぐ
もころぐ
あのナレーションをきいたら、不安になるよね。。

朝顔には幸せになってほしい!!

全力でそう思う一方で、実は一つ不安点があります。

それは、ドラマと原作の展開が異なっていること。

前シーズンでは、ドラマと原作の展開が異なっていました。

もし今回は原作の流れにあわせるとしたら、話の帳尻を合わせてくる可能性が十分あると思っています。

もころぐ
もころぐ
もしそうだとしたら、朝顔はまた家族を失ってしまうの…?

第2話でいきなり進展するというよりは、全話をかけて少しずつ伏線を回収していく展開になると思いますが、

もころぐ
もころぐ
あまりハッピーエンドは想像できなさそうな雰囲気です

11月9日(月)21時から放送される第2話の展開は、どうなるのでしょうか。

フジテレビのドラマを無料で見るなら

【監察医朝顔2】の見逃し配信は、フジテレビが運営する【FODプレミアム】で、14日間の無料トライルでお得に見ることができます。

もころぐ
もころぐ
ドラマの放送後すぐに配信されるので、どこよりも早く見ることができます!

\見逃し配信はこちらから/

FODプレミアム公式サイト▲今なら2週間無料で試せる▲

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。